FC2ブログ

09月 « 2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めに読んでください

2037年 10月19日 03:47 (月)

はじめまして、Staila(シュテイラ)です
このブログは詩とか散文を私がダラダラ書いていくブログです
完全趣味ブログですが一応著作権法とかあるし私もシャイなので
無断転載等は禁止にさせていただいております
ご意見、ご感想など大歓迎ですのでもし何かあれば遠慮なくどうぞ
質問などあればご気軽にコメント欄などで

twitter→@Staila_star
スポンサーサイト

約二十秒の心中逃走

2016年 01月26日 23:13 (火)

冬なのに春の匂いがした
何の感情も持ち合わせない昼の情景
外に出る少し前に鼻孔を擽る日の光
ぼんやりと目に映る眩しい雪は冬を象徴する
空は灰色、時折のブルーと穴を開けたような白
どこに居ても空の色は同じですという誰かの言葉
嘘ばっかりと心に浮かべる感情と
何もかも塗りつぶすような薄いピンクは
僕の頭を馬鹿にする
恋と似ているなんて考えながら
そっと踵を踏み鳴らした

hunger

2016年 01月19日 23:56 (火)

蝕んだ心の味を今もまだ覚えている

不幸なものは美しい

2016年 01月19日 22:55 (火)

重ねた手の温もりは冷めるだけのもので
美しいと呼ばれたあの人の顔は
涙でクシャクシャにさせるためだけのものだ
不幸にしたいという感情を飲み込んで
幸せを与える僕は何のために生きているのだろう
美しいものが幸せであるとは限らない
月が独りぼっちであるように
ハリネズミがジレンマを抱えるように
海が人を飲み込むように
美しいは悲しさと闇を孕んでいる
それに気付かないふりをする
おそらくずっとそうして世界は回っている

自ら空を飛ぶ

2016年 01月14日 20:22 (木)

隠していた心
閉ざした感情も
開いて傷つけて捨てられる
傷つけるための感情じゃない
そんなことお前が決めることじゃない
無いものねだり君だけの愛
重ねた積み木を崩してまたフライ
鳥みたいに飛べるわけじゃないのに
バイ、また明日の世界に
僕はもういないけど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。